USED MARKET NEXT51三国ヶ丘

  • 072-246-5535
  • お問い合わせ

NEXT51三国ヶ丘店ブログ

  • お知らせ一覧へ

2019.06.07 Archivesin shop BLOG買取強化商品

HAPPY VICTIMS 着倒れ方丈記

こんにちは。charlieです。
本日は書籍をご紹介したいと思います。


 

着倒れ方丈記 HAPPY VICTIMS

以前こちらでもご紹介したことがありますが改めて。
雑誌「流行通信」にて1999年4月から2006年8月までの8年間連載されていたものの書籍版です。
流行通信と言えばファッションに関心があれば馴染みある方もいらっしゃるのでは。こちらの着倒れ方丈記、ファッションフリークの方々は目にした事もあるのではないでしょうか?
どんな内容か簡単に説明すると、様々なブランドのコレクターの生き様とその部屋を写した写真集です。
オリジナルは廃刊となっていましたが、一昨年の冬に復刊されたようです。
現在もファッション業界を牽引する伝統あるブランドの着倒れから今はなきブランドの着倒れ、スポーツブランドや裏原系ブランドまでその紹介は多岐にわたります。
ファッションにあまり馴染みのない人たちは、こんな高い服誰が買うのか?と思うような服たちをどんな人間が買って着ているのか気になりますよね。
洋服のみならず、人にも焦点を当てた本です。
今回は、その掲載ブランドと当店の在庫を照らし合わせご紹介していきます。

掲載ブランド一覧
01 COMME des GARCONS コムデギャルソン
02 Vivienne Westwood ヴィヴィアンウエストウッド
03 20471120 トゥーオーフォーセブンワンワントゥーオー
04 Christopher Nemeth クリストファーネメス
05 Hermes エルメス
06 Yohji Yamamoto ヨウジヤマモト
07 Final Home ファイナルホーム
08 Martin Margiela マルタンマルジェラ
09 Pink House ピンクハウス
10 Jean Paul Gaultier ジャンポールゴルチエ
11 Gucci グッチ
12 Undercover アンダーカバー
13 Keita Maruyama ケイタマルヤマ
14 Milk Boy ミルクボーイ
15 Tocca トッカ
16 Pleats Please プリーツプリーズ
17 Paul Smith ポールスミス
18 Jean Colonna ジャンコロナ
19 General Research ジェネラルリサーチ
20 Dolce&Gabbana ドルチェアンドガッバーナ
21 COMME des GARCONS コムデギャルソン
22 Anna sui アナスイ
23 Zucca ズッカ
24 Gomme ゴム
25 Jane Marple ジェーンマープル
26 伊多利屋 Italiya
27 Irie イリエ
28 Agnes b アニエスベー
29 Vivienne Tam ヴィヴィアンタム
30 NAiyMA ナイーマ
31 Mina ミナ
32 Isabel Marant イザベルマラン
33 Paul&Joe ポールアンドジョー
34 Dries Van Noten ドリスヴァンノッテン
35 Marc Jacobs Look マークジェイコブス ルック
36 A.P.C. アーペーセー
37 Gucci グッチ
38 NUMBER (N)INE ナンバーナイン
39 Marithe+Francois Girbaud マリテ+フランソワジルボー
40 Katharine Hamnett キャサリンハムネット
41 Cabane de Zucca カバンドズッカ
42 TSUMORI CHISATO ツモリチサト
43 SILAS サイラス
44 HEAD PORTER ヘッドポーター
45 THIERRY MUGLER ティエリーミュグレー
46 Martin Margiela マルタンマルジェラ
47 Armani アルマーニ
48 JUNYA WATANABE COMME des GARCONS ジュンヤワタナベ コムデギャルソン
49 BERNHARD WILLHELM ベルンハルトウィルヘルム
50 Alexander McQueen アレキサンダーマックイーン
51 National Standard ナショナルスタンダード
52 Missoni ミッソーニ
53 Eley Kishimoto イーリーキシモト
54 Gianfranco Ferre ジャンフランコフェレ
55 Tokito トキト
56 Cosmic Wonder コズミックワンダー
57 HELMUT LANG ヘルムートラング
58 Alba Rosa アルバローザ
59 H.NAOTO エイチナオト
60 Fotus フェトウス
61 FRAPBOIS フラボア
62 BABY, THE STARS SHINE BRIGHT ベイビーザスターズシャインブライト
63 Multiple Marmelade マルティプルマーマレード
64 Miu Miu ミュウミュウ
65 5351 POUR LES HOMMES 5351プールオム
66 MARNI マルニ
67 VERSACE ヴェルサーチ
68 MALKOMALKA マルコマルカ
69 Peter Jensen ピーターイェンセン
70 Mister Hoolywood (N.Hoolywood) ミスターハリウッド(エヌハリウッド)
71 United Bamboo ユナイテッドバンブー
72 X-Girl エックスガール
73 Tom Ford トムフォード
74 Satoru Tanaka サトルタナカ
75 Peach John ピーチジョン
76 Yohji Yamamoto / Y’s for men ヨウジヤマモト ワイズフォーメン
77 Preen プリーン
78 Chanel シャネル
79 Julius ユリウス
80 Garcia Marquez Gauche ガルシアマルケス ゴーシュ
81 Dress Camp ドレスキャンプ
82 THEATRE PRODUCTS シアタープロダクツ
83 santafe サンタフェ
84 NIKE ナイキ
85 Libertine リバティーン


 

01 COMME des GARCONS コムデギャルソン

まずはこちら、コムデギャルソン。雑誌の表紙やスタートを飾ることも多く、世界的に見ても最も影響力のある日本が世界に誇るブランドとそのデザイナーである川久保玲氏。
こちらの部屋は代官山のセレクトショップで店長を務める男性の一室です。面白いのが、全頁に人物の生活サイクルが時系列順に掲載されています。
コムデギャルソン好きは頭の良い方や変わり者が多いイメージがあります。
当店は先月香港のテレビ局TVB様より取材を受けたのですがその影響により海外のお客様が増えております。海外のお客様もギャルソンを買っていって下さるのでその知名度が伺えます。
当店ではコムデギャルソン全ラインの現行品からヴィンテージアイテムまで取り扱っています。

COMME des GARCONS 70’s Flower Jacquard Pants


 

02 Vivienne Westwood ヴィヴィアンウエストウッド

お次はヴィヴィアンウエストウッド。こちらも同じくセレクトショップでスタッフを務める方の一室です。
写真では視認いただけないかと思いますが、こちらのコレクターについて書かれている “「全身コテコテのヴィヴィアン」で、ちょっと前までは道で指さされて笑われることも多かった。” の一文。
川久保玲氏の数少ないインタービューの中にこんな言葉があります。

「すぐ着られる簡単な服で満足している人が増えています。他の人と同じ服を着て、そのことに何の疑問も抱かない。
服装のことだけではありません。最近の人は強いもの、格好いいもの、新しいものはなくても、今をなんとなく過ごせればいい、と。
情熱や興奮、怒り、現状を打ち破ろうという意欲が弱まってきている。そんな風潮に危惧を感じています。」

出典 : 川久保玲さんロングインタビュー ファッションで前に進む asahi.com

彼らはそのブランドの洋服こそ着ていますが、纏っているのはデザイナーのアイデンティティやスピリットでもあります。
もちろんそれだけではありませんが、川久保玲氏で言うところの「簡単な服」には個人的にも考えさせられるものがあります。
余談ですが、昨年公開された「ヴィヴィアンウエストウッド 最強のエレガンス」、見に行きましたが既に知っている内容が多い映画でした。


 

03 20471120 トゥオーフォーセブンワンワントゥーオー

お次はこちら、一斉を風靡した20471120 トライベンティ。自分も世代ではありませんが、若い方だと初めて目にする方もいらっしゃるかと思います。
JONIO(ジョニオ)ことUNDERCOVERの高橋盾氏やA BATHING APEのNIGO(ニゴー)氏、藤原ヒロシ氏などと同年代に活躍していたブランドでもあります。
つい最近、20471120を手がけた中川正博氏へのインタビュー記事が公開されていましたのでよろしければご覧ください。
石丸元章 『危ない平成史』 #03 「20471120」を知らない子供たちへ──忘れられた裏原史|GUEST|中川正博

20471120はアイコン的キャラクター「ヒョーマ君」が有名ですね。
当店にも在庫がございます。

20471120 Hyoma T-Shirt

黒ボディのものは既にSOLDしてしまいましたが灰ボディのものはまだ在庫がございます。ヒョーマ君以外の20471120のアイテムも少量ですが取り扱いがございます。
近年ではリサイクルショップや古着屋さんなんかでも殆ど見掛けることはないのでは?というか、見掛けても知らなければなんだこれ?ですよね。知っている人は「懐かしい」。

因みに着倒れ方丈記には掲載されていませんが、一緒に語られることの多いbeauty:beast(ビューティビースト)も少量取り扱いがございます。
私物になりますが、こちらはalso beauty:beastの2000SSのもの。


 

04 Christopher Nemeth クリストファーネメス

現在もコアなファンが非常に多いネメス。
巧みな立体裁断が駆使され、そのシルエットはネメス以外の何物でもない唯一無二の其れです。
氏は2010年に死去し、現在もブランドは存在しますが日本でも限られた店舗でしか取り扱いがありません。
こうして見てみると、デザイナーの死後も作風はそれ程変わっていないことがわかります。
ファッション業界関係者にもファンが多く、現在はマルジェラのオートクチュール・プレタポルテなどを手掛けるJohn Galliano(ジョンガリアーノ)氏や、過去にはLOUIS VUITTON(ルイヴィトン)、現在はDior Homme(ディオールオム)を手掛けるKIM JONES(キムジョーンズ)氏らもファンであるといいます。特に後者は、自身が手掛けたLOUIS VUITTON 2015-16AWでコラボする程。
当店にもネメスの商品ございます。

Christopher Nemeth Draping Pants

貝塚店には全身Christopher Nemethで固めたスタッフが在籍しています。


 

12 UNDERCOVER アンダーカバー

大阪からバンド活動の為上京した、同居中の二人の少年の一室を写した一枚。こちらは個人的にお気に入りの一枚です。
バンドマンで金がないというのに、なけなしの金で購入した服が床にぶちまけられているのもまた良いですね。服は人間性を映し出します。
当店には初期時代の今となってはあまり市場に出てこないアンダーカバーもございます。

UNDERCOVER 97SS “Elephant” Plaid Pants

こちらは1997SSの、フリークからは通称「エレファント期」と呼ばれているシーズンのアイテム。
象がテーマにされ、象モチーフのTシャツやニットウェア・ピロー(枕)などが展開されました。デザイナーのJONIO ジョニオこと高橋盾氏は象が好きだそうです。


 

21 COMME des GARCONS コムデギャルソン

またまたコムデギャルソンです。こちらの一室には80年代~90年代頃の、”アーカイブ”と呼ばれる作品で埋め尽くされています。
右頁の「Automne-Hiver 85-86 COMME des GARCONS」と記された黒いコートは近年COMME des GARCONS(コムデギャルソン)やYohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)でも復刻されていますね。写真に写っているオリジナルは今非常に高騰しており数十万の値が付く程。
こちらの写真にも写りこんでいる96AW フラワーリングクローズ期のアイテムと思われる服(恐らく畳まれているカットソー)と同シーズンのフラワーモチーフのアイテムは当店にもございます。

COMME des GARCONS 1996-97AW “Flowerring Clothes” Flower Pattern Print Skirt


 

31 minä ミナ

皆さんこちらのブランドタグに見覚えはありませんか?

ご存知の方も多いかと思いますが、こちらはminä perhonenの旧タグ。昔はminä(ミナ)というブランド名で、2003年より現在のminä perhonen(ミナペルホネン)に改めます。
現在のタグはこんなデザインです。


こちらのコレクターのコレクションは確認出来る限りすべてminä時代のお品。奥には現在も継続して展開されている通称tori bag(トリバッグ)も確認出来ますね。
このminä perhonen、オリジナルのテキスタイルによる服作りをベースにつくられており、テキスタイルの端切れにも値段が付く程。minä perhonenのテキスタイルは素材違いのものも含めると約600種という膨大な数が存在するようです。自ら生地産地に赴きテキスタイルを開発するなど、端切れにまで値段が付くのも納得のテキスタイル・生地に重点を置いたブランドです。


 

46 Martin Margiela マルタンマルジェラ

こちらは文化服装学院の講師を務める男性の一室。
この部屋にはマルジェラのアイテム以外は存在しないといいます。パンツを掛けているラックの一番手前には名作「Painted Jeans」が掛かっています。
非常に有名な作品のひとつで、ペンキでペイントされたジーンズです。当店には現在15AWのデニムパンツとH&Mとのコラボで復刻されたデニムパンツがあります。

左がH&Mとのコラボ品。右が15AWのものです。

オリジナルは年代によりコーティングの質感などに差があると思いますが、こうして見比べてみると別物というのがわかります。
オリジナルがべたっとペンキを塗ってひび割れているのに対し、復刻品はまさにコーティングといった質感です。
もちろん好みにもよりますが、このシリーズの醍醐味であるぽろぽろと剥がれ落ちる過程を楽しむのであればやはりオリジナルのものでしょう。


 

49 BERNHARD WILLHELM ベルンハルトウィルヘルム

1998年、アントワープ王立美術アカデミーを主席で卒業したデザイナー BERNHARD WILLHELM(ベルンハルトウィルヘルム)。
DIRK BIKKEMBERGS(ダークビッケンバーグ)やWalter Van Beirendonck(ウォルターヴァンベイレンドンク)などの名だたるデザイナー達の下で経験を積んだ実力者です。
スウェット素材がよく使用され、縄状の紐がデザインに落とし込まれた通称「縄パーカー」が有名です。CAMPER(カンペール)とコラボして展開されるシューズラインのアイテムにも同様のデザインが落とし込まれています。
ベルンと直接的に関係はありませんがスウェットが頻繁に使用されるということで、スウェット繋がりでこちらを紹介させてください。
モードにスウェットを初めて取り入れたことで「スウェットの女王」とも称されるデザイナー NORMA KAMALI(ノーマカマリ)の初期の作品も当店にございます。メトロポリタン美術館にて作品が展示されたこともあるデザイナーです。

NORMA KAMALIはパラシュートドレスが有名な作品のひとつですが、こちらもパラシュートドレス同様に肩線や裾に巧みなシャーリング・ギャザーがあしらわれております。


 

57 HELMUT LANG ヘルムートラング

ラング暦10年のコレクターの一室。近年ラングの初期の作品も高騰していますね。
こちらの男性の部屋は整然としており、ラング同様のミニマリズムを感じます。
当店にも先月98SSのカーゴパンツが入荷しましたが、すぐにSOLDしました。

HELMUT LANG 98SS Cargo Pants SOLD

もう数年前になりますが、私の友人が収集していた初期のヘルムートラングのレアな作品の数々を手放す際、競売に掛けたところ数十万の値が付いていました。今ではもっと高騰しているかもしれませんね。


 

Yohji Yamamoto / Y’s for men ヨウジヤマモト ワイズフォーメン

こちらも近年高騰しているYohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)。こちらの男性の一室にも女優刺繍のジャケットやマリオネット期のジャケットなどがコレクションされています。
当店では取引先である堺市の老舗 LA GRANDE LUE(グランドルー)様の影響もあり、ヨウジヤマモトのアイテムが度々入荷いたします。
直近のものですと、数日前にYohji Yamamotoの新ライン Ground Y(グラウンドワイ)のアイテムが入荷しましたが、こちらもすぐにSOLDしました。

 

Ground Y Tencel Burberry Jumbo Shirt(テンセルバーバリージャンボシャツ) SOLD

因みに、こちらの商品名にも使用されているキーワード「BURBERRY」。これはヨウジヤマモトで頻繁に使用される織り「ギャバジン」のことを指します。
このギャバジンという織りは、かの有名なトーマスバーバリーが発明しました。ギャバジンの別名をバーバリーとも言います。


 

82 THEATRE PRODUCTS シアタープロダクツ

「洋服があれば世界は劇場になる」をコンセプトに活動するブランド。素敵ですよね。自分が女性だったら着てみたかったブランドです。
シアタープロダクツがデザインしているのは洋服だけではありません。服の製作から販売までの全過程を「演出」と捉え、それに基づいた展開方法が取られています。
シアタープロダクツのデザイナー 武内昭氏は1999年までCOMME des GARCONSでパタンナーを務めています。そんなCOMME des GARCONSの創始者 川久保玲氏のこんな言葉があります。

「これからデザインというのは、もっと広い意味で捉えられる。会社を経営することもデザインですし、そのなかの表現方法の一つとして服があり、ショップがあると考えたい。」

川久保玲氏の考えは、武内昭氏へ受け継がれているように思います。今の時代、洋服をデザインするだけではブランドが生き残るのは難しいのが現状です。

当店にもTHEATRE PRODUCTSの取り扱いがございます。

THEATRE PRODUCTS Flower Pattern & Lettering Skirt


今回ご紹介したのは着倒れ方丈記の中でも極一部です。
復刊されたものの現在は中古本のみの流通となっております。
入手難度はそれほど高くありませんので、ご興味ありましたらぜひ手にとってみてください。


 

当店ではデザイナーたちの過去の作品や、最新のアイテムまで高く評価させていただきます。

遠方の方向けで宅配買取というシステムも設けておりますので、お気軽にご活用ください。以下に宅配買取についての詳細ページを載せておきます。また、ご不明な点がございましたらお気軽にお電話でお問い合わせください。

NEXT51 三国ヶ丘店 TEL: 072-246-5535

NEXT51 宅配買取詳細ページ

NEXT51三国ヶ丘店 2F in Shop Archivesではデザイナーズブランド・モードブランド・アルチザンブランドを収集・販売しております。
こちらのアカウントで紹介しているブランドや類似ブランドは特に高価買取させていただきます。

Archives Instagram

COMME des GARCONS(コムデギャルソン)Yohji Yamamoto(ヨウジヤマモト)ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)など御三家と呼ばれるデザイナーズブランドは勿論
Maison Margiela(Maison Martin Margiela)(メゾンマルタンマルジェラ)ANN DEMEULEMEESTER(アンドゥムルメステール)DRIES VAN NOTEN(ドリスヴァンノッテン)・DIRK BIKKENBERGS(ダークビッケンバーグ)などのアントワープシックスと呼ばれているデザイナー達の作品
ANNE-VALERIE HASH(アンヴァレリーアッシュ)Bernhard Willhelm(ベルンハルトウィルヘルム)Christopher Nemeth(クリストファーネメス)などのコアなファンの多いブランドまで高く評価させていただきます。
勿論上記した国内外デザイナーズブランドのみでなく、ドメスティックブランドや少しマイナーなデザイナーズブランド、アメカジヴィンテージウェアやブランド古着・レギュラー古着まで高く評価致します。

査定料も無料となっておりますので、ぜひお気軽に買取査定をご活用下さいませ。

USED MARKET NEXT51三国ヶ丘

Facebook Instagram

〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-4
電話番号072-246-5535
営業時間11時~22時(買取21時まで)
定休日年中無休

  • お知らせ一覧へ